電力会社勤務で副業はできる?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社勤務で副業はできる?

電力会社勤務で副業はできる?

電力会社に勤務していて副業はできるのかというと、結論からいえば基本的にできません。そもそも日本企業の多くは社員の副業を認めておらず、電力会社もその例に漏れないということです。なぜ副業できないかというと、それは社員が副業することによって、会社に迷惑がかかる可能性があるからです。

たとえば副業をするとなると本業の他に時間と気力を割くことになります。それは当然疲労を蓄積させるはずで、本業の疲労と相まって大きな疲労を抱えることが予想されます。そしてそのまま本業に向かった場合、体調が万全ではないために、業務に支障が出る可能性があるのです。それどころか遅刻や早退、欠勤などをしてそもそも業務を行わないケースも考えられます。日本企業は特に社員の遅刻や早退、欠勤に厳しいので、その原因をつくる可能性のある副業を許したくないのも当然といえば当然です。

上記のことが一番の理由にあげられますが、他にも副業の内容が批判を呼ぶ類のものであり、そこから会社にも批判が及ぶのを避けたいことがあげられます。社員が不名誉なことをしており、それが明るみに出ると、その社員が働いている会社にも不名誉のレッテルが貼られるというのは珍しくないことなので、会社からすれば避けたいところです。

また本業の経験や技術を生かし、ライバル企業の利益になることを副業で行うのを阻止する目的もあります。実際、すでに持っている専門的知識を生かせる副業の方が効率的に稼げるわけなので、社員はそういった副業を選びやすい傾向があります。特に電力会社の社員の場合、電気に関わる専門的知識を取得することになるので、危険性が増します。

しかし会社によっては副業禁止を緩和しているところもあります。もちろん全面的に副業OKとしているところはめったにありませんが、許可を取ったり、届出をすればできるところもあります。そもそも副業を禁止にする法律はないので、現実的には会社が納得すればそれでいいのです。

社員の副業に対する企業方針だけでなく、副業の内容によっても企業が納得するかが変わります。もちろん少しでも企業の不利益に繋がる可能性がある内容だと見なされれば許されることはありません。それとは別として、許されやすい副業の内容に「お金を稼ぐこと自体が目的ではない仕事」があげられます。たとえば、著述業や何らかの大会の賞金など、お金が付随して入ってくるようなケースだと大体は認められます。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.