電力会社の営業職の仕事は?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の営業職の仕事は?

電力会社の営業職の仕事は?

電力会社における営業職の仕事は、電力自由化が始まった事によってその内容を大きく変えつつあります。これまで大手の電力会社は、自由競争を行ってきた経緯がありませんので、電力を積極的に売り込んでシェアを拡大する様な営業スタイルをとってはこなかったのです。ですが新たな電力会社が急増する中で、これまでの安定的なシェア確保が望めなくなってきました。つまり電力会社の発展のためには、今後強力な営業力が必要となってくるのです。

そのために安全で安価な電力を提供するのはもちろんですが、それと同時にエコや節電をも兼ね備えた消費プランを提供するのも営業マンの役目となっています。各電力会社が開発・考案する電気プランを魅力的に消費者に伝えるためには、しっかりとした商品への理解と愛着、そして信頼を培っていかなければいけません。そういった意味では、これまで電力会社で営業に携わってきた方よりも、他の競争の激しい業界で実績を残してこられた方のスキルやノウハウを必要としているのが現状です。つまり今、電力会社では新たな営業マンが必要とされているという事です。転職を考えている方には大きなチャンスだと言えるでしょう。

また、電力を提供する相手は家庭ばかりではありません。小売りの店舗やオフィスに工場もあります。また役所関係の施設や病院、娯楽施設、道路や公園などなど、営業を掛けるべき先はいくらでも見つける事ができます。どこに顧客がいるのか発掘する能力も必要ですし、利用客との契約更新をスムーズに行ってシェアを下げない努力も必要でしょう。つまり新規開拓営業とルート営業の両面で活躍できる人材が有望なのです。そして相手先も多種多様ですから、電力供給の仕組みについて精通している知識力も問われるでしょう。最近は太陽光発電や地熱発電、バイオに水素を使ったものまで、電力自体の種類も増えてきていますから、貪欲に学習を進める努力のできる方はこの営業の世界で成功する可能性が高まります。

この様に将来性のある電力業界ですから、しっかりと成長を遂げていく業界である事は間違いありません。ただし、これからも成長を続け、生き残っていける会社は限定的かもしれません。2015年度の新規電力会社の数は、申請中のものを含めると600社以上になるというデータがあります。今後も参入企業は増えていくでしょう。その様な状況下で、生き残っていける企業を自分なりに精査して、その上で転職先を選定する事もポイントになってくるはずです。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.