電力会社の定年

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の定年は?

電力会社の定年は?

医療技術の発達と経済的な豊かさにより、日本人の平均寿命は50年前に比べると20歳ほど伸びましたが、それに伴い浮上する問題が定年後の蓄えです。少し前までは多くの企業が55歳を定年と定めていましたが、現在では定年後20年近く定職につかずに過ごす事になります。どの程度の貯蓄があるかはその人の収入によって変わってきますが、当然収入が低かったり子供が多ければその後の生活は心許ないものになります。もちろん年金を受給する事が出来るので無収入と言うわけではありませんが、その年金も定年退職したらすぐに受給出来ると言うわけではなく、数年間の無給期間が入ってしまうのです。流石にこのままでは多くの国民の生活が苦しくなると言う事もあり、定年退職の年齢は引き上げられました。

大手電力会社である電力会社にも当然定年退職はあります。東京電力では2016年から、雇用延長制度により65歳まで働く社員の処遇を改善するだけでなく、それにあわせて高いスキルや豊富な知識・経験を持つ人材は70歳まで雇用する制度の導入を始めました。これにより多くの社員の生活が救われ、安定した老後を過ごす事が出来るようになります。またベテランの社員が現場に残る事で、優秀な若手の育成にも繋げる事が出来ます。

なお、70歳まで雇用する制度が導入はされていましたが、東京電力の定年は60歳と規定されています。57歳の時点で雇用切り替えを行い、一度退職をするがその後再雇用されて65歳まで働く、東京電力のグループ会社に転籍するなどの道が用意されています。もちろん60歳で定年退職をする事も可能なので、ライフスタイルや経済状況によって選択をすると良いでしょう。

なお、以前までは60歳で定年を選択した場合は給与が減少する事はなく、最後まで安定した収入を得られましたが、再雇用を望む場合は57歳の時点で給与が平均の3割減り、60歳になると59歳の時に比べて更に4割減る事になっていました。

再雇用のために57歳で一度退職する場合は一時的に給与が減少するものの、その後も働き続ける事が出来ると考えると長い目で見ればプラスになります。しかし、社員の意欲を削ぐだけでなく折角の人材が他社へ移る要因になるとして、現在では再雇用と退職、どちらを選んでも60歳までの待遇は同じです。

再雇用される場合に気になるのは給与の額ですが、これは業務内容によって変動するため一概に幾らとは言えません。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.