電力会社は辞めたい人が多い?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社は辞めたい人が多い?

電力会社は辞めたい人が多い?

電力会社は比較的人気の職場です。電力という社会に欠かせないものを扱っているというやりがいがありますし、待遇面も優れています。そのため、電力会社で働いていて「辞めたい」と考える人はそれほど多いとはいえません。震災の影響で燃料が高騰したり、世間の原発への批判意識が高まるといったことなどはありましたが、それでも大きな影響というほどではありません。

「辞めたい」と考える人が少ないということは求人の数が離職率の高い職業と比べて少ないということです。求人の数が少ないということは狭き門の中を突破しなければならないということなので、電力会社に中途採用で転職することを考えている人にとっては「どのようにして転職を成功させるか」がより重要なポイントとなります。

しかし逆にとらえれば、一度電力会社に転職が成功すれば、後は安定した未来が待っているということになります。というのも、離職率が低い分、労働者は労働条件に満足しやすいはずであり、入社してから「思っていたのとは違う職場だった」というような期待外れのトラブルは起こりにくいからです。そうであれば何年、何十年と長く働き続け、順調にキャリアを積むことも難しい話ではありません。

電力会社で「辞めたい」と思う人が出て来るケースにはたとえば営業部門に配属されていることがあげられます。震災後、電力会社のイメージは昔と比べると悪くなっているので、営業社員が処理しなければならないクレームも増えているのです。

もともと営業は精神的に強くなければなかなか続けられない仕事です。そこに災害後のイメージダウンが重なることによって、営業に対するプレッシャーが増したとなると、さらに強い精神力が必要になります。そういった精神力を持つことができずにいると、いつ退職へ向かってもおかしくありません。

といっても営業はどこの業界でもある程度そういった厳しさがありますし、退職したとしても、比較的人材を補充しやすい部門なので、電力会社からすればそれほど痛手とはいえません。しかし技術系の部門の場合は人材の補充がしにくい分、離職者が増えると問題です。

同じ業界でも働く電力会社によって離職率に差があります。離職率が低い電力会社にはどういった特徴があるかというと、やはり社員への待遇がより優れていることがあげられます。給料や賞与、各種手当、福利厚生などが充実していればしているほど、辞めたいと思う社員が出て来ないということです。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.