電力会社で活かせる資格ば?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社で活かせる資格ば?

電力会社で活かせる資格ば?

電力会社で働くこと自体は特に資格なしでもできますが、職場での立場を有利にするために役立つ資格はいくつかあります。特に技術職の部門では工学系の学部を卒業している人が多いです。電気そのものを扱うには電気にかんする専門的な知識がいやでも必要になってくるので、電気主任技術者や電気工事士といった資格がピックアップされてきます。

資格の取得方法は主に2つあるので、どちらの方法を取るかを決めておくのがいいでしょう。1つは就職・転職する前に取得しておく方法で、もう1つは就職・転職してから専門知識を身につけて資格を取得する方法です。もちろん就職・転職する前から取得しておいた方が採用されやすくなりますし、採用されてからの扱いも優遇されます。就職・転職してから取得する方法のメリットとしては、就職・転職先の電力会社が提供する研修や教材などを利用できることがあります。

また電気主任技術者は3種・2種・1種、電気工事士は2種・1種という具合に複数の種類があります。電気主任技術者は3種、電気工事士は2種の試験から始め、徐々にステップアップしていき、最終的に1種を目指します。そのため、就職・転職前に1種を取得していなかったとしても、資格自体は持っていて、就職・転職してから1種を目指すという方法もあります。電気主任技術者や電気工事士は独立開業にも繋げることのできる強力な資格なので、1種を目指す価値は大きいです。

電気主任技術者というのは電気を扱う施設にある設備の保安監督をするための資格です。電気を扱う施設にはたとえば発電所などがあげられます。電力会社は火力や原子力などの発電所で電気を生み出し、電線から電力を求めている施設に供給するのが主な事業なので、電気主任技術者は事業の心臓部分を担っている仕事といっても過言ではありません。

電気主任技術者の3種・2種・1種の違いについてですが、3種は5万ボルト未満の電圧の電気設備を扱えるもので、2種は17万ボルト未満の電圧の電気設備を、1種はすべての電圧の電気設備を扱えるものという違いがあります。

電気工事士というのは名前からわかる通り、電気設備の工事を行うことのできる資格です。2種は電圧600ボルト以下の設備の工事を、1種は電圧600ボルト以下かつ電力500キロワット未満の設備の工事を行えることを指します。試験は筆記と実技の2つがあり、筆記試験に合格すると2回実技試験を受けられるようになります。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.