電力会社で働くメリット・デメリットは?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社で働くメリット・デメリットは?

電力会社で働くメリット・デメリットは?

電力会社で働くメリットにはたとえば給与面が優れていることがあげられます。給与面は就職や転職を考える時に誰しもが重視することなので、無視できないポイントです。特に転職する場合は以前の職場よりも高収入になることを望むものです。実際に電力会社で働く人の平均収入は日本全体の平均収入よりもずっと高いです。また給与面がそれほど優れていなかったとしても、そのかわりに福利厚生が充実していることが多いので、待遇面はバッチリです。

退職金についてですが、これも他の業界と比べて高い額です。退職金は学歴と勤続年数で金額が変わるので、学歴が高かったり、同じ職場で長く働く自信があるのであれば、電力会社に働く上での大きなメリットとなるでしょう。退職金の出方には1度に全額を支給される方法と、分割して支給される方法の2種類があります。分割して支給される方法の場合、年金のように家計を管理しやすくなるメリットがあります。

それから将来性があることもメリットの1つです。いくら待遇がいい業界でもそのコミュニティが長く続かないのであれば意味がありません。ある時、いきなり給与が下がったり、リストラされたりしてしまえば、唐突に安定した生活が終わりを迎えます。しかし電力会社は電気を扱う業界であることから、決してニーズがなくなることがありません。というのも、電気がなくなってしまうと、一般家庭も企業も非常に困るからです。

このことは働く人のやりがいにも繋がります。人間、お金のためだけに働くよりも、何か「社会に貢献している」という意識があった方が労働意欲をわかせます。電力会社での仕事は社会に貢献していることがストレートに感じられる貴重な業界なので、それもメリットの1つにとらえていいでしょう。

逆に電力会社で働くデメリットについてですが、世間の原子力発電に対するイメージが悪いことがあげられます。原子力発電はそれだけで批判対象になりますし、規模の大きい震災があればさらにエスカレートします。こういったイメージダウンは働く人のストレスを生んだり、やりがいを低下させたりするので、長く電力会社で働くにあたって重要なポイントです。

ただし、これは働く人の気持ちの問題であって、世間の批判から待遇面が極端に落ちるようなことはないといっていいでしょう。実際に電力会社は現在でも就職・転職活動する人にとって人気の高い業界には変わりありません。なので待遇面を重視する人からすればあまり関係ないのかもしれません。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.