電力会社は院卒・高学歴が多い?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社は院卒・高学歴が多い?

電力会社は院卒・高学歴が多い?

電力会社の求人の中には、応募資格の欄に大卒を明記しているものが見られます。また理系の職場では院卒を優遇する傾向も確かにあります。これは既存の電力会社が未だに政府との関係が深く、いわゆるエネルギー庁の影響が色濃く残っているからかもしれません。ですが近年の電力業界では、各企業の体質改善が進んでいて、これまでの様に高学歴優先の採用も見直されているのが現状です。その証拠に、東京電力でさえも高卒の中途社員採用が出てきているのです。

また転職サイトや人材紹介会社のデータでも、学歴優先だとは言い切れない求人が目立つ様になってきています。現在新規参入のベンチャーやスタートアップ系の企業がシェアを拡大する中で、大手の電力会社としても即戦力の確保に積極的にならざるを得ないのが実情なのです。もちろんどの電力会社でも、事業規模拡大のために電気関係の知識を持ち、スキルや資格を有した人材を必要としていますが、有名大学やその院生ばかりをターゲットに求人を掛けるのは不可能なのです。

特に営業職の電力会社求人では学歴を問わない物が多く見られます。確かに電力ビジネスに精通した人材は喜ばれますが、営業職は現場でスキルアップをする職種ですので、未経験者でも大きなハンディキャップにはなりません。ですから、学問不問でも問題が無いという事です。また、検針業務や電気料金の計算・集金や、送電の開始・停止作業といった、いわゆる外勤と言われる支社・支店での勤務職も同様です。もちろん事務系の職も特に大卒・院卒にこだわる必要はありません。この様に電力事業は電気の生産部門から、送電・販売・集金など多岐に渡る職場が存在していますから、必ずしも高学歴の方が優遇されるというものではないのです。ただし専門的な能力を必要とする職場では、院卒レベルの人材に対する待遇がとても良いという事は事実です。それは何も電力会社に限った事ではないでしょう。これは学歴社会の日本ではごく当たりまえの事です。

また地方での就職を希望する場合は、電力会社が安定企業で高収入の期待できる職場であるために、有名大学の卒業生が有利な点は未だに残ってはいます。それでUターン希望の方は、高学歴を武器にして電力会社へ転職してきた経緯があります。ですが、そんな地方にも新規参入の電力会社が事業展開をする時代になっています。つまり求人内容はバラエティに富んでいるのです。もちろん雇用条件も様々で、給与形態の高いモノから低いモノまで様々です。選択肢は広いのですから、自分が望む条件を大事にして、じっくりと求人探しをすると良いでしょう。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.