電力会社の男女比はどれくらい?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の男女比はどれくらい?

電力会社の男女比はどれくらい?

電力会社の男女比は男性が圧倒的に多く、女性は少ないです。内定者が100人いたとすれば、女性は10人〜20人程度です。つまり内定者全体の10%〜20%程度となります。基本的に一部を除いて正社員はどこの業界でも男性の方が多く、女性は少ない特徴があるので、電力会社も例外ではないということです。

では少ない女性の社員はどこの部門に配属されるかというと、大半は事務部門に配属されることになります。事務部門の社員はどこの業界でも女性を多く取るので、これも珍しい話ではありません。なぜ事務部門に女性が多いかというと、たとえば能力的な面が理由にあげられます。女性は細かい作業や整理が得意なことが多く、事務能力に長けているので、女性の社会進出が目立つ昨今、事務部門に配置しようという人事が活発なのでしょう。

他にも、男性と女性の体力面での違いが理由に関わっています。事務作業は頭脳と手を動かせばよく、営業部門や技術部門などの仕事と違って体を動かすことはほとんどありません。男性と女性の体力を比べれば男性の方が勝っているのは明らかなので、パワフルさが必要な仕事は男性に任せ、体力のいらない事務作業は女性に任せた方が効率がいいのでしょう。特に大手の電力会社の場合、営業部門や技術部門の人材に要される体力は馬鹿になりません。

また事務部門は営業部門や技術部門の社員に仕事を頼まれることになりますが、女性の方が頼みやすい雰囲気があることも理由にあげられます。応対もやわらかなことが多いので、職場内の雰囲気だけでなく、外部からの電話やカスタマーサービスなどにも女性の方が適役というわけです。

それ以外にも女性は結婚や出産、子育てなどであまりバリバリ働けない傾向があることが理由にあげられます。もちろんずっと働き続ける女性も昨今では珍しくありませんが、男性と比べればいつ退職してもおかしくないリスクを抱えています。しかしもし退職したとしても、事務の仕事はある程度基本的な作業を繰り返しているだけなので、比較的容易に人材を補充することができます。つまり女性を事務部門に雇うのはリスク管理に役立つのです。

営業部門や技術部門の仕事をこなすには多くのスキルが必要です。電力会社の技術部門にいたっては資格を取得しなければなりませんし、取得してからはさらに上位の資格にステップアップすることを目指します。そういった人材が急に退職してしまうと電力会社にとって大きな損失になることは明らかです。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.