電力会社は激務?忙しい?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社は激務?忙しい?

電力会社は激務?忙しい?

電力会社は社会に必要不可欠な電気を供給する仕事をしているわけなので、「激務」というイメージがありますが、他の業界と比べて特に忙しいというわけではありません。また一般的な業界と同じく職種や部署などで忙しさが違ってくる部分もありますし、電力会社だからといってどこでも忙しいというふうには考えない方がいいでしょう。

まず「休日が取れるか?」ということについては労働基準法があるので、それにならって設定されています。しかし、電気は24時間供給しなければならず、いつでも柔軟に仕事に対応しなければならないので、休日の設定は一定ではありません。休日がどのように設定されるかはその電力会社の方針によって異なります。求人に応募する時は注意して確認するといいでしょう。

しかし、電力会社によっては毎週2日休める形態をとっているところもあります。さらに時期によって長期休暇を設けていることもあるほどです。これだけ休めるのであればさすがに「激務」とはいいづらいでしょう。また有給休暇も問題なく取れるので、体の疲れを取ったり、遊びに行って日頃のストレスをリフレッシュさせたりすることもできます。

残業についてですが、大手の電力会社で残業がないというのはほとんどありえません。これは電力会社の業界にかぎらず、日本全体の企業にいえることです。特にどのような時に残業が発生するかというと、たとえば、電気の供給に関わるトラブルが発生した時などがあげられます。社会に必要不可欠なものを扱っている分、トラブルはつきものなので、そのあたりは覚悟しておいた方がいいでしょう。

電力会社の事務部門であれば、残業がそれほど多くない特徴があります。事務部門にも忙しい時期がありますが、基本的に一定量の仕事をこなしていればいいので、労働時間が安定しやすいです。またカスタマーサービスの部署も残業が少ないメリットがあります。

夜勤については営業部門、事務部門であれば基本的にありません。というのも、営業部門も、事務部門も、仕事内容上、わざわざ夜に勤務する必要がないからです。しかし、技術部門の場合は電気を24時間管理しなければならないので、夜勤が組まれることもあります。また同様に24時間問い合わせを受け付けている電力会社の場合、カスタマーサービス部門で夜勤があります。ただ夜勤があっても労働時間が長くなるわけではないので、夜勤が苦でなければ特に気にする必要のない条件です。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.