電力会社の建築職の仕事は?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の建築職の仕事は?

電力会社の建築職の仕事は?

電力会社には建築部門、いわゆる土木部門があります。水力・火力・原子力発電所を敷設したり、それらの施設のメンテナンスを行ったりしていく部門です。また変電所等の土木関係設備を、計画の段階から設計、そして施工管理と担当する事も職務に含まれます。もちろんそれらの維持管理にも責任を持っていきます。また大手の電力会社では、水力発電所として巨大なダムの建設にもかかわります。もちろん国や地方公共事業の仕事ですから、その一部分の設計・施工を担当する形になるでしょう。

また火力発電所でも大がかりな施工工事に携わる事になります。こういった国家レベルのプロジェクトに携われるのは、ゼネコンや大手の電力会社の醍醐味だと言えます。そういった意味から、これらの職場では実にたくさんの有能なエンジニアが活躍していますし、その他のスタッフも専門的な部分での活動を担っています。採用に当たっては専門知識や資格、スキルを厳選されます。ですから大卒・院卒のエンジニアが多い職場なのです。

また、近年では原子力発電所の扱いが非常にシビアな環境下に置かれています。その為に地盤・活断層の再調査や行政の原発系委員会とのやり取りでも必要が生じます。耐震設計の見直しや放射性廃棄物の管理所のメンテは難しい分野として、いまだに答えが出ていない部分もあります。そういった問題にも取り組み、国民の生活インフラを安全に提供する役目を担っていく事もあるでしょう。また近年の電力自由化で、これまでになかった発電設備が開発されています。その様な施設を建設するにあたっては、新しい建築手法なども必要となります。既成の建築手法のみならず、最先端の技術を発揮できる点も電力会社の建設部の魅力と言えるでしょう。

また電力会社に限ったことではありませんが、さまざまな施設を建設する機会が多いという事も特徴としてあります。他の企業であれば建築会社へ発注する案件でも、電力会社では自社で施工するケースが専らでしょう。電力会社の施設は特殊な設計によるものが多いので、企画から始めていきます。そういった意味では設計エンジニアの役目は重要になってきます。もちろん施工は専門知識を持った人材を任命して、業務の監視・指示・判断などの監督業を担当させます。そして建築資材の調達・管理の仕事もありますし、土地に関わる調査や買収、許可の取得を担当する部門もあります。電力会社ではありますが、まるまる建築会社が含まれていると考えて良いでしょう。ですから、建築に関する実績や資格を持っている方には、転職先としてのメリットがあるという事になります。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.