電力会社の求人倍率は?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の求人倍率は?

電力会社の求人倍率は?

電力会社の求人倍率はどちらかというと低いです。というのも、電力会社は待遇のいい人気就職・転職先で、なおかつ離職者が少ないからです。こうなると求人よりも、求職者の方が多くなるのが必然なので、単純に数字上は就職・転職しづらい企業といえます。

しかし、求人が少ないというわけでもないので、うまくチャンスをうかがえばスムーズに就職・転職することもできます。特に電力会社は専門的な知識が必要な分、新卒だけでなく、中途採用も積極的に行っているので、転職を望んでいる人に向いています。

電力会社が中途採用で募集する職種はさまざまで、営業部門、技術部門、事務部門などがあげられます。もちろん中途採用ということなので、それぞれの部門で活用できる経験や技術を持っていることが重要です。たとえば、営業部門の場合、コミュニケーション能力が重視されます。それもただのコミュニケーション能力ではなく、電力会社の業界の変化に対応できるコミュニケーション能力が必要です。というのも、電力会社の業界は燃料の高騰や災害などの影響で営業に求めるスキルが変化することがあるからです。そのため、電力会社の営業部門に転職する時は以前行っていた営業の実績をアピールするといいでしょう。

中途採用は基本的にキャリアを持っている必要がありますが、未経験の求人もないことはありません。その場合はもちろん営業そのものの実績はないので、営業に役立つ能力や実績、やる気があるかを見られることになります。営業は結局のところ入社してから顧客を呼び込めるかどうかが問題となるので、実力が発揮できれば問題ありません。

技術部門の中途採用の場合は資格や実績が採用に大きく関わってきます。特に電力会社の関連企業で働いていた実績があれば、即戦力に繋がるので、一目置かれるはずです。資格では特に電気主任技術者や電気工事士を持っていると強みになります。ちなみにこれらの資格は独立開業にも役立ちます。

電力会社の求人倍率が高くなるケースがあるとすれば、よほど燃料の相場が変動したり、原子力発電からのイメージダウンが激しくなったりした時が想定されます。実際に災害後、大手の電力会社の給与が下がったこともあるので、その程度が大きければ求職者が減ったり、離職者が増えることによって、求人倍率が高くなるのは自然な流れです。そして大手の電力会社の給与が下がれば、当然業界全体の給与も下がっていく流れが生まれます。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.