電力会社の手当は?

電力会社求人TOP >> 電力会社に関するFAQ >> 電力会社の手当は?

電力会社の手当は?

電力会社の手当にはたとえば残業手当があります。残業手当というのは労働基準法に則ったもので、規定の労働時間を超過したり、休日出勤させたりした時に会社が社員に支払う手当のことです。具体的には1日8時間以上、1週間で40時間以上の勤務に対して25%〜50%増しの賃金が支払われることになります。ちなみに残業時間が月に60時間を超過すると、その超過分の勤務に対して50%以上増しの賃金を支払わなければなりません。

残業は電力会社の業界にかぎらず、どこの業界でもあるのが普通であり、基本的に手当が出るようになっています。それだけにいくら残業手当が出るのか気にしない人も多いですが、ちゃんと規定どおりに支払われるのかどうか、また支払われているのかどうかを確認することが大切です。

それから残業手当と似たようなものですが、休日労働手当もあります。休日労働手当というのは本来休日と定められている日に勤務することで支払われる手当のことです。労働基準法では1週間に1日は休日を設けるように決められており、それを破った場合、35%増しの賃金を支給しなければなりません。電力会社の業界の場合、1週間に1日以上は休日を設けられていることが多いです。しかし、状況によっては1週間に7日勤務することがあってもおかしくないので、しっかりと把握しておきましょう。

他にも作業手当というものがあります。これは残業手当や休日労働手当とは違って、電力会社ならではの手当となります。電力会社では電気を扱っているので、時には高い電力や電圧のある場所で作業することもあります。もちろんそういった作業にはある程度以上の危険がともなうので、その労働に対してより多くの賃金が支払われるというわけです。

もちろん作業手当は電力会社の技術部門の労働に当てはまることであり、営業部門や事務部門などにはまったく関係のないことです。また技術部門だとしても、取得している資格によって作業可能な施設が異なります。

たとえば、電気主任技術者という資格を持っていると高い電圧のある施設も扱えるようになりますが、第1種、第2種、第3種という種類があります。第1種ではどのような電圧でもOKですが、第2種では17万ボルト未満の電圧、第3種では5万ボルト未満の電圧の扱いしか認められません。そのため、現場で作業できるだけの資格を持っていないのであれば、当然勤務はできず、作業手当も支給されることはありません。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.