ベンチャー系の電力会社求人

電力会社求人TOP >> 条件別の電力会社求人 >> ベンチャー系の電力会社求人

ベンチャー系の電力会社求人

電力小売り自由化が始まり、エネルギー業界にもベンチャー系・スタートアップ系の企業進出が勢いを増しています。この動きは2012年の再生可能エネルギーに関する固定価格買取制度(FIT)の開始から始まった流れで、市場環境が大きく変動するエネルギー市場がビジネスチャンスとしてクローズアップされてきたからでしょう。特にベンチャー企業が手掛けているのが、太陽光発電、新システムの風力や水力、そして日本の技術力が光るバイオマス発電があります。2011年の東日本大地震によって原発が見直しになり、安全性の高い新エネルギーへの取り組みも加速している事もあって、この電力業界はまさにブーム事業の様相を呈しています。

新規のベンチャー企業としては、従来の化石燃料に頼らない、新たなエネルギー自給自足を目指した取り組みが盛んに行われています。つまりは地球温暖化やコストダウンを可能にする新たな技術開発も含めて、再生可能エネルギーの実用化に尽力を注いでいます。そういった意味でも研究者を始めとした専門分野のエンジニアを積極的に求めているのです。また安定的に電力を供給するための蓄電システムの開発にも力を入れたり、最先端の水素発電の実用化に力を入れているベンチャー企業もあります。この様に既存のスタイルから外れて、まさに新天地を開拓する企業が多く存在しています。そんな世界で活躍できる人材こそが最も求められていると言えるでしょう。

この様に急速な事業拡大の傾向を受けて、人材確保のニーズも高まっています。ここ数年の電力会社からの求人数は倍の勢いで膨らんでいます。その職場は実に幅広く、新規立ち上げの企業では事業開発・戦略立案といった根幹を担当するスタッフ・エンジニアから、燃料部や企画部の専門スタッフ、または電力販売や調達を担当する営業マンなど、実に多彩で大量の求人が市場に出回っているのです。もちろん、電力関係で勤務経験を持っている人材はごく限られていますから、一般的には未経験者やスキルの無い方から採用をする形になります。つまり、部外者でも好条件での就職が可能であるという事なのです。

まとめますと、これまでの電力業界は大手が国の政策と連携して、発電〜送配電〜小売りを垂直統合してきましたが、電力自由化によってそのバリューチェーンは分断されました。ビジネスチャンスはどのセクションにも存在していて、ベンチャー企業はそれを狙った事業展開を進めています。ですから、求人もかなり広範囲に及んだ職場から出されている事を知っておくと良いでしょう。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.