研修充実の電力会社求人

電力会社求人TOP >> 条件別の電力会社求人 >> 研修充実の電力会社求人

研修充実の電力会社求人

電力会社は、業務の特殊性から技術職にはしっかりとした研修を積ませると言う事が多いです。例えば電線の引き込み作業などは、手順を間違えば命を落とす事もある非常に危険な仕事なので、思わぬ事故やトラブルが起きないために、事前に徹底した研修を行う事で事故・トラブルのリスクを回避しています。

しかし近年では電力自由化に伴い、技術を磨いていれば良いと言うものでもなくなってきました。電力会社の安定性に惹かれて就職を希望すると言う人も多いですが、現在の電力会社は以前ほどの安定性は無くなっているのが実情です。それでも競合相手に差を付けてこの先何十年と生き残っていくためには、独自のマーケティングを開拓しなければなりません。そして、そのためのマーケティング研修が盛んに行われています。

電力をただ届けるだけなら、どの電力会社でも出来ます。そうなると最終的には電気代が安い電力会社が勝利する、と言う事になるように思えますが、実際はそうではありません。利用者はサービスやサポートなど、付加価値にも注目しています。今や電気会社の価値は「電気」そのもののみではないのです。

電気の付加価値を高めるために、一体何をしたら良いのか。どのような新しいサービスや事業を展開させたら良いのか。それを考えるマーケティング研修を開催したのが、大手電気会社である東京電力グループの「東京電力エナジーパートナー株式会社」です。東京電力エナジーパートナーには商品開発室がありますが、商品開発室に所属する全員がマーケティング研修基礎を受け、新たな力になるよう努力しています。

マーケティング研修基礎では、メンバー間での共通言語を作ると言う目的もあります。元々商品開発室は色々な部署から多様性のある人材を集めて出来ましたが、新事業を生み出す事に関しては経験が浅いと言う人が殆どでした。そのため、新商品を開発する過程で全員でコミュニケーションをとれる共通言語を作る必要があると感じ、マーケティングの総合力を高めるためにマーケティング研修基礎の開催に踏み切ったのです。

東京電力エナジーパートナーに商品開発室が出来たのは、2016年5月と最近の事です。東京電力の分社であり、新たな挑戦が課題となっている中で研修を実施する事で、新事業をまとめるための力としました。

東京電力エナジーパートナーでは求人を行っている事もあるので、就職・転職を希望している方は会社のホームページなどをしっかりチェックしておきましょう。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.