高収入の電力会社求人

電力会社求人TOP >> 条件別の電力会社求人 >> 高収入の電力会社求人

高収入の電力会社求人

エネルギー業界は今、自由化に向けて各電力会社が組織強化に尽力を注いでいるところです。またソフトバンクや日立といった新規に参入する企業もありますし、新電力会社を立ち上げるベンチャー企業も増えています。そこで今、電力業界で求められる人材としては、電力小売の全面自由化でシェア確保を担える営業畑の人材や、新システム構築の各エンジニアなどが目立っていると言えるでしょう。実際の求人内容を見ても、新電力会社から人材紹介のニーズが増加していて、高収入での待遇を提示している物が目立ちます。営業やエンジニアでの就職を希望するのであれば、この数年間で求人数も倍増している状況ですので転職しやすいでしょう。また、今後の事業運営を支える幹部候補を積極的に募集しています。

2015年度までの新電力会社(PPS)の創業届けが600社を超えたというデータがあります。それにつれて電力業界の求人数も何倍にも膨れ上がり、新電力市場の成長拡大の様相を見せているのです。早くから自由化が実施されている特別高圧・高圧分野で事業展開をした新規の会社では、シェア拡張の方向で営業活動を進めていて、新規の採用の求人のボリュウムが急激にアップしています。具体的には電力ビジネスの事業運営を担当すべく、事業企画のできるスキル・キャリアをもった人材、ビジネスモデルの設定から事業計画の立案・実践が担える経営企画部門は特に高待遇・高収入での求人が出されています。これはエネルギー業界のノウハウを持ったキャリアだけでなく、一般から広く募集がなされていて、構想力・行動力・人脈を持つ即戦力が必要とされているのです。また安定した電力供給を担当する需給管理の人材も高収入のポジションでしょう。この分野には既存の大手電力会社や高圧配線関連にしか実績のある人材がいないために、ヘンドハンティングなどによって引き抜きが行われているケースもあります。

そして今回の電力自由化で、最も活発に動く部署は営業部になります。担当としては電力を売るだけでなく、発電事業者から電力を買い取る事も守備範囲になります。そこで電力に関する知識をもった営業経験者は優遇されています。さらに電力の競争入札の関係上、官公庁にパイプがある方も有利でしょう。2016年度から始まった電力小売の全面的な自由化と、2020年度に予定されている発送電分離の実施に向けて、さらなる変革・成長が期待される業界ですので、転職先としては有望株である事は間違いがないでしょう。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.