既卒okの電力会社求人

電力会社転職TOP >> 条件別の電力会社求人 >> 既卒okの電力会社求人

既卒okの電力会社求人

電力会社で既卒を採用するか否かは、当然の事ながら会社によって違います。しかし近年では既卒は決して珍しくないため、新卒ほどではないけれど既卒にもある程度の枠を用意していると言う企業は多いです。もちろん、電力会社でも既卒の人を受け入れています。

例えば電力会社としては最大手とも言える「東京電力」では、採用欄に「○年3月時点で卒業・修了後3年以内の方を含む」と、「卒業・修了後に期間の定めのない労働契約により就労した経験のない方」と言う注釈があります。これは既卒を対象としている、と言う事です。事務系・技術系のどちらでも既卒は募集対象に入っているので、新卒で就職出来なかったからと言って諦める必要はありません。

関西方面では、やはり大手電力会社の「関西電力」が既卒を募集しています。既卒3年以内であれば自由応募と言う形で応募をする事が可能です。自由応募とは、その名の通り自分で自由にエントリーをすると言う方法になります。学校推薦のように推薦状があるわけではない、身一つで望む就職活動と言う事になりますが、大学生であっても文系に進んだ学生の多くは自由応募であるため、自由応募と言う形式でのぞむ事自体はそれほどのデメリットではありません。関西電力に自由応募として応募をする場合は、まず関西電力のホームページにあるマイページでオリジナルIDとパスワードを取得する必要があります。マイページにログインすると応募書類をダウンロードする事が出来るので、プリントアウトし、必要事項を記入して採用事務局まで送付します。なお関西以外の人でも応募出来るので、電力会社に就職希望の既卒の方は応募してみると良いでしょう。

四国電力では平成29年度定時採用から「総合職コース」と「一般職コース」に分かれて新卒・既卒の募集を行っています。総合職コースは大学院・大学を修了・卒業見込みの方、一般職コースは大学、短大、専門学校等を卒業見込みの方と学歴がある程度限定されていますが、学科などは問われないので最低限大学さえ出ていればどちらの募集にも応募する事が出来るため、決して間口が狭いと言うわけではありません。ただし特定の技術を学んできた人は、その分野で働く事において有利になります。総合職コースと一般職コースにどのような違いがあるかと言うと、総合職コースでは本店スタッフと言う役割を担う人材になるべく指導がされ、一般職コースでは支店や営業所、発電所などの現場で活躍出来る人材になるよう育成されます。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細



TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.