英語が使える電力会社求人

電力会社求人TOP >> 条件別の電力会社求人 >> 英語が使える電力会社求人

英語が使える電力会社求人

海外留学などの経験がある、英語が堪能な人も少なくありません。英語が話せる人にとって、英語が使える電力会社の求人情報は魅力がある情報です。電力会社は日本で操業していますが、海外の電力会社とのやり取りや火力発電所やガスタービン発電所で用いる燃料の輸入など、外国の企業と交渉を行なう仕事がたくさんあります。日本の発電技術は世界トップレベルにあるため、日本の技術力を海外に輸出したり、海外での技術指導を行なったりする際にも英語ができる人材が必要です。そのため英語が使える電力会社の求人も生じます。

英語が使える電力会社の求人に、海外事業部での勤務の募集があります。日本の発電技術を海外の電力事業者に販売するのが主な仕事です。そのため英語ができるキャリア採用です。英語力は海外の電力事業者側とコミュニケーションを図れるレベルで、TOEICスコアで言えば800点以上が求められます。エンジニアの募集も同時に行なっています。エンジニアの場合は通訳が付きますが、日常会話程度の英語力は最低限必要です。報酬は月額40万円以上で、夏と冬の二回賞与の支給があります。海外への赴任の場合は別途赴任手当が支給されます。福利厚生は厚生年金、社会保険、労災、雇用保険がありますし、家族手当や住居手当などの手当も充実しています。

別の電力会社でも海外事業部で英語ができる人材を募集しています。主な求人内容は海外の電力事業者に対するコンサルティングビジネスで、日本の電力技術を売り込むのが主な仕事です。そのため高いレベルのビジネス英語力が求められます。海外留学の経験がある人やバイリンガルの人に向いています。コンサルティングビジネスを展開するため、ディベート力やコミュニケーション力も必要です。キャリア採用が中心ですが、商社などで海外でのビジネス経験があれば応募可能です。報酬が月額45万円以上で年2回の賞与支給があります。

英語が使える電力会社の求人を探す場合、一番の近道は転職エージェントサービスを利用する方法です。電力会社への転職で成功を収めた人たちの多くが転職エージェントサービスを利用しています。リクルートエージェントやマイナビエージェント、DODAなどの求人情報サービス提供企業では無料で利用できるこのサービスを実施しています。会員登録を済ませれば、転職希望者のスキルに合わせた適切な仕事を紹介してくれますし、英語が使える電力会社の求人情報も積極的に提供してもらえます。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.