都内勤務の電力会社求人

電力会社求人TOP >> 条件別の電力会社求人 >> 都内勤務の電力会社求人

都内勤務の電力会社求人

電力自由化の流れが最も顕著に表れているのが東京都内とその周辺の都市部でしょう。東京都の人口は1,300万人を超えていて、日本を代表とする企業のほとんどがオフィスや事務所などを構えている関係上、電力の消費量も他の地域と比較して各段に多くなっています。そんな都内では、2016年4月からスタートした電力小売自由化によって、電力業界へ実にたくさんの新規参入企業が創設されてきました。消費者は電力会社が自由に選べるので、一般家庭から都内の会社・工場・その他の施設までが各社の提供する料金プランに興味をもっていて、細かく比較検討しているのが現状です。

2016年現在に都内で選べる電力会社は東京電力の他に、東京ガスやENEOSでんき、スマ電やソフトバンクでんきに東急パワーサプライなど、多彩な企業が新規参入を果たしています。どれも日本を代表する一流企業ばかりですから、入社後の職場環境も社員にとって便宜が行き届いていると期待が持てる事でしょう。もちろんこの他にも新会社はたくさんありますし、今後も増えていく傾向になると言っても良いでしょう。これら新電力会社が、それぞれの雇用条件を掲げて広く求人を行っています。もちろん2016年4月にスタートをしていますから、どの部署でもある程度のスタッフ確保はできていますが、都内は競争の激しい激戦区ですので、より有能な人材を発掘してシェア拡大を目指しているのが現状です。

都内で電力会社へ就職をする場合、支社または営業所の配属の場合は営業職かその他の外勤が採用されやすいでしょう。検針・電気料金の算出や電気料金の管理、電気の送電や停止といった外作業なら、随時募集されています。大卒の新入社員でも始めはこのあたりの担当をしますので、一般的な仕事だと言えます。そして、燃料部や企画部の職場でも新戦力の求人が見られます。こちらはエンジニアや専門知識やスキルのある方が採用される部署です。

企業戦略を含む企画部では親会社からの異動などでスタッフの確保をしているでしょうが、やはり新規事業ですから、外からの力を募るのが常套手段です。役割は大きいですがその分見返りも大きい求人が得られます。ただし求人数は少なめであるので、希望の方は十分な準備を整えてから応募するべきでしょう。この様に都内の電力会社の求人はバラエティに富んだ形になっています。求人数も非常に多いので、焦らずに比較検討をしてから選ぶ様におススメします。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.