電力会社の退職金

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の退職金

電力会社の退職金

電力会社への転職で考えておきたいのが将来設計です。電力会社で勤務することで得られる生涯報酬を考えてライフプランを考えるなら、老後の生活も安心感が得られます。電力会社の退職金は非公開とされていますが、退職したOBへのヒヤリング調査により大体の目安がわかっています。具体的な数値を知る前に、退職金が支給される方法も知っておくと役に立ちます。退職金の支給方法には一時金としての支給方法と年金方式での支給方法の2種類があります。

一時金支給とは一括で支払う方法で、一度きりの受け取りになりますが、受け取れる金額は大きくなります。しかし電力会社の場合は一時金として支払う方法ではなく確定拠出年金型が一般的になっています。確定拠出型年金とは退職金を一定の期間で均等割りし、年金の形で支給する方法です。この方法は一時金に比べれば受け取れる金額は全く異なりますが、毎月一定額が手元に入るため生活設計がしやすいというメリットがあります。定年後の年金支給開始年齢までには一定の期間があるため、その間に確定拠出年金として受け取れるなら、定年後の空白期間に生活資金が得られるという安心感があります。

電力会社の具体的な退職金額は、勤続年数、学歴によって違いがあります。高卒で管理職、勤続年数35年の場合で平均的な退職金が3000万円から4000万円です。大卒の場合は管理職クラスの退職金が勤続年数35年で4000万円から5000万円になります。役員クラスになれば退職金はさらに上乗せされます。また一般社員もしくは管理職から役員になった場合には、これまでの勤続年数に対して退職金が支払われ、役員任期中は別の計算方法により退職金額が決定します。将来出世の可能性があれば、退職金額は大幅に増えることがわかります。

全国的な平均と比較しても、電力会社の退職金は高いレベルです。国の調査によれば、平均的な退職金額は給料の約45か月分です。大卒の場合で2300万円、高卒の場合で2000万円となっていますから、1.5倍から2倍もの退職金を受け取れるのがわかります。ちなみにこの例は確定拠出年金型です。退職金を受け取る際には一時金を選ぶよりも確定拠出年金型を選ぶほうがトータルで受け取れる額が大きくなります。その理由は企業側が退職金を運用し運用益を上乗せできるからです。景気が良くなれば運用益が上がるため、退職金をもらえる額は必然的に多くなります。電力会社への転職のメリットは退職金の面でも大きいことがわかります。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.