電力会社の年収・給料

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の年収・給料

電力会社の年収・給料

電力会社への転職を考えている場合に、一番気になるのが報酬です。スキルアップを考えている場合には今の職場よりもさらに高い報酬を得たいと思うかもしれません。電力会社の平均年収は企業の全国平均よりも高く、技術職についても高額な給料で知られています。各電気事業会社の平均年収は東から西へ紹介すると次のようになります。北海道全体の電力を供給する北海道電力は平均年齢が42歳で平均年収が770万円です。道内企業の平均年収に比べて20%以上高い給与水準です。東北地方への電力供給を手掛ける東北電力は平均年齢が41歳で、平均年収が北海道電力と同じ770万円です。

富山県を中心に北陸地方に電力供給を行なう北陸電力は平均年齢が40歳、平均年収は750万円です。もっとも多い従業員数を持つ東京電力は平均年齢が42歳で平均年収が620万円となっています。名古屋を中心に中部地方へ電力を供給する中部電力は平均年齢41歳で平均年収が800万円と高くなっています。関西地方の電力供給を担う関西電力は平均年齢が41歳、平均年収は780万円と電力会社の中でも上位を占めています。四国地方の電力供給を担う四国電力の平均年齢は43歳で平均年収は770万円と関西電力と肩を並べています。

広島県を中心に中国地方の電力供給を行なっている中国電力は平均年収が790万円、従業員の平均年齢は43歳となっています。九州地方の電力供給を担う九州電力を見ると、従業員の平均年齢は41歳、平均年収は780万円です。沖縄県の電力供給を手掛ける沖縄電力は従業員の平均年齢が37歳と最も若く、平均年収は730万円です。それぞれの電力会社ともに本業の電力事業に加えて、関連会社があり子会社ではインターネットやインフラ整備などの他の事業展開も行なっています。また発送電管理は他の関連企業や下請け会社に依頼することもあります。

地域を限定せず電力会社への転職を考えている場合は、報酬を重視するか、福利厚生を重視するかなどによって選択肢が変わってきます。報酬重視なら、平均年収額を確認し、自分の希望に合わせた企業を選ぶようにします。報酬重視で電力会社への転職を考慮している場合には、転職エージェントのサポートを活用すると成功率が高くなります。転職エージェントは一般に掲載されていない非公開求人案件についての情報も提供できるため、勤務条件の優れた仕事を照会できます。マイナビエージェントやリクルートエージェント、typeなどの求人情報サービスは転職エージェントサービスを提供しています。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.