電力会社の職務経歴書の書き方

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の職務経歴書の書き方/p>

電力会社の職務経歴書の書き方

電力会社に転職をしたいと考えている人は多いでしょう。電力会社は非常に人気が高く、大手であればたった1人の求人枠に対して何十人と言う希望者が集まる、と言う事も珍しくありません。そんな狭き門を潜り抜けるには、まずは職務経歴書で他の希望者と差をつけましょう。

一般的に職務経歴書と言うと、自分の経歴を書き連ねるだけと言うイメージがあります。そのため履歴書ほど力を入れる人はあまり居ません。中にはどの会社を受ける場合も職務経歴書の内容は全く同じと言う人もいるでしょう。確かに職務経歴書は常識の範疇で体裁が整っていればマイナスポイントになる事は少ないですが、「普通」の範囲の職務経歴書ではなかなか目を引きません。

では、一体どのような職務経歴書なら「これは!」と思ってもらえるのでしょうか。

まず押さえておきたいのは、職務経歴書はただ自分の経歴を書くだけのものではないと言う点です。確かに一見しただけでは過去の職歴・経歴が書き連ねてあるだけに見えるかも知れませんが、職歴・経歴は「このような仕事に携わってきました」、「過去にこのような経験があるので御社の役に立ちます」と伝えるための手段でもあります。

ならばどのような業務に携わってきたのかを具体的に書けば良いように思えますが、それも違います。以前も電力会社に勤めていたならともかく、全く違う分野からの転職の場合は、今までの経験やスキルが電力会社で活かせないと言う事も十分に有り得ます。そのような経歴・スキルをつらつらと説明されても、読む側には何も響きません。それどころか不要な情報と判断されて、満足に読んでもらえなくなる可能性さえあります。そうならないよう、電力会社がどのような人材を求めているのかを考え、自分がその電力会社でどのような活躍が出来るのかを簡潔に説明出来るようにしましょう。

しかし、電力会社が求めている人材とはどのような人材なのか。それが分からなければ効果的な職務経歴書は書けません。

電力会社を志望する人の多くは、安定性を求めています。電気が不要になる事は無いため、電力会社は確かに安定した企業と言えるでしょう。しかし近年では電力自由化に伴い、電力会社も必ず安定していると言うわけではないため、安定性を求めている事をアピールすると悪印象になりかねません。新しい事にチャレンジする変革意識や、現場で円滑な人間関係を構築出来るコミュニケーション能力を重視される事が多いのです。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.