電力会社の面接対策

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の面接対策

電力会社の面接対策

電力会社への転職で採用の可否を握るのが面接です。面接官が投げかける質問は募集者によって異なるため、いくつもの想定問答を考慮し、事前の入念な準備が必要になります。面接前にできるのはイメージトレーニングとシミュレーションです。面接に備えてイメージトレーニングを行ない、その場に適用できるよう自分を訓練します。自分でできるイメージトレーニングには、自己アピールをどのようにできるかを考えることが含まれます。人と接するのが得意な人でも、面接になると緊張してしまい失敗してしまうこともしばしばあるからです。

具体的に準備できることとして、積極的な印象を与えるためにはっきりとした言葉遣いができるように訓練しておきます。電力会社の組織内では活発なコミュニケーションが行われていますし、技術者同士で連携をする仕事が幾つもありますから、適切なコミュニケーションができる人材を重視します。普段から発声練習をして、時には鏡を見て口を大きく開けて話す練習をしてみるのがおすすめです。家族や友人に話し方の癖がないかをチェックしてもらうこともできます。もう一つは相手の目を見て話す訓練をすることです。日本人は相手の目を見て話すのが苦手な国民といわれています。

面接官の目を見ながら、自分の意思を伝えられるように訓練しておきます。誰かに面接官役を依頼して恥ずかしがらずに目を見て話せるようにトレーニングをします。一人の時はイメージトレーニングを行ない、面接官がいる場面を思い描いてトレーニングを重ねていきます。同時にできるのは面接会場に遅れずに到着するために事前にルートをチェックしておくことや、万が一交通トラブルが発生した場合に代替ルートがないかも確認しておきます。椅子に座る際の着席方法や、座る際の姿勢も確認しておきます。

電力会社の面接時に投げかけられる質問には、志望動機、自己PR、電力会社で勤務することになった場合の自分の役立て方などが含まれます。注意したいのは自己過信をしないことです。知ったかぶりの態度をとってしまうと面接官はすぐにその態度を見分けます。知っている範囲で正直に自分をアピールするだけで大丈夫です。電力会社の面接でほかに注意しておきたいのが逆質問です。必ずと言っていいほど何か質問しておきたいことがありますかと尋ねられます。その場合には会社がどのような人材を必要としているのか、職場の雰囲気に加えて転勤の有無や平均年収について尋ねてみることもできます。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.