電力会社の適性(向き・不向き)

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の適性(向き・不向き)

電力会社の適性(向き・不向き)

電力会社に就職をするなら、一体どのような人が向いているのでしょうか。またどのような適性が必要になるのでしょうか。

どの分野の企業に就職をする場合でも言える事ですが、電力会社で働く事に向いているのは「情熱を持って働ける人」です。特に電力会社は人々の生活を支えており、社会的にも非常に重要な位置づけにある企業が殆どなので、社会貢献に対して強い意欲を持っている人は電力会社への就職に向いていると言えます。社会や生活を支え、地域を守りたいと考えている人は、電力会社への就職を視野に入れてみると良いでしょう。

電力会社は、いわゆるインフラ系企業になります。このような業種は非常に安定しており、社会的な重要度の観点から言って潰れる事はまずありませんでした。そのため、公務員のような安定感を求めて就職を希望する人は後を絶ちませんが、一方で電力自由化のあおりを受ける企業も多いです。加えて、原子力発電所の事故やトラブルなども重なり、現在では電力業界はかつてほど「安定」が保証されなくなっています。安定性を求めて電力会社に就職したのに、実際に働いてみると想像とは違う実情を見せられる事もあるでしょう。現在の電力会社に求められている人材は、そのような不安定な状態を打破する事が出来るチャレンジ精神を持っている人です。

電力自由化に伴い、電力会社は顧客に対して新たなサービスを提供しなければなりません。また、原発事故などで損なわれてしまった信頼を取り戻すための企業努力も怠れないと言うこの状況を脱し、自社を安定させるためには、強いチャレンジ精神を持って新たな事に挑戦していく人が必要なのです。

コミュニケーション能力も、実は非常に重要になります。電力会社と言うと「電気を作る」「電気を供給する」と言う意味では技術職やデスクワークのイメージが強いかも知れません。中でも事務職は、まず最初に営業に配属される事が多いため、ただ机に座って仕事をしているだけで良いと言うわけではありません。事務職希望で新卒入社したのに、入社後に営業所に配属されてお客様対応をしなければならない、と言う人はとても多いです。このような事情から、人と接する事を得意としない人は「こんなつもりじゃなかった……」と気落ちして辞めてしまうケースも少なくありません。電力会社で働きたいと考えているならば、例え事務職希望であってもコミュニケーション能力はあるに越した事がない事を覚えておきましょう。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 詳細



TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2018 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.