電力会社の採用基準

電力会社求人TOP >> 電力会社の転職の基礎 >> 電力会社の採用基準

電力会社の採用基準

電力会社に採用されるために企業側が求める採用基準を知っておくと、転職で志望先を決定するのに役に立ちます。電力会社は生活上欠かせないインフラを整備するなど社会的になくてはならない企業です。社会貢献活動も積極的に行っています。電力会社に採用された人たちの成功例を見ると、過去の経歴、入社試験、面接時の自己アピールが採用につながっていることがわかります。技術職と営業職に分けて考えてみると、技術職の場合は必ずしも大卒でなければいけないというわけではありません。

高校や高専、専門学校で電気工事関連の技術を取得し、これまで電気の分野で働いてきた経歴があるなら、採用の可能性があります。ただし大卒に比べると狭き門になっています。大卒の場合、技術職であれば理系卒がほとんどを占めます。工学部や理工学部などを専攻してきた人であれば、電力会社の採用基準にマッチする場合が少なくありません。企業側は学歴を重視する場合もありますが、経歴次第で採用される可能性も少なくありません。また入社試験で好成績を挙げれば採用の可能性が大幅に上昇します。学歴がかつてほど重視されなくなった理由は技術者の不足です。電力会社は技術者を積極的に採用し、将来の人材不足に陥らないようにしているからです。

営業職の場合、求められる採用基準にこれまでのスキルや経歴があります。電力会社の営業職は今後の電力自由化において重要な役割を果たします。民間企業による発電が現実的になり、発送電の競争が激化する可能性は非常に高くなっています。電力の自由化により競争が起きると、これまでの顧客を維持するだけでなく、新たな顧客を取る必要があり、営業力が求められるようになります。転職組の場合は、これまで営業経験をどれほど積んできたのか、どのような成果を上げてきたのかが採用を分ける分水嶺になります。

電力会社の採用基準を知りたい場合には、転職エージェントサービスを活用するとより詳しく情報が得られます。転職エージェントとはリクナビNEXTやマイナビエージェントなどの求人情報サービス企業が提供する転職サポートサービスのことです。電力会社での勤務経験を持つエージェントもいるため、企業の内部事情に詳しく、これまでも多くの転職を成功させてきた実績があり、採用基準に関する最新の情報にも精通しています。利用は無料で、電力会社の求人で知りたいことがすぐにわかるのが転職エージェントの魅力です。

電力会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 電力会社
の求人数
オススメ度 詳細
リクナビNEXT 無料 ★★★★★ 詳細

TOP

電力会社の転職の基礎

条件別の電力会社求人

大手の電力会社採用情報

電力会社に関するFAQ


Copyright (C) 2014 - 2017 電力会社転職ガイド【※求人情報最新版】 All Rights Reserved.